2012年03月22日

第7回議会改革検討会議

第7回議会改革検討会議が開催されました。

議会報告会を移動特別委員会方式で開催する方向で結論が出ました。

本会議における一般質問を分割質疑をさらに細分化し、実質的な一問一答方式にする方向に決まりました。

災害時における議会の取り組みとして、神奈川県議会災害対策会議(仮称)を設置する方向で決まりました。

施行後、手法はさらに検討する必要がありますが、私が公約してきたことが実現する形になりそうです。
posted by 菅原直敏 at 18:57 | 神奈川県議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

第6回議会改革検討会議

午前中に登庁。政調会や団の打ち合わせがありました。

午後は本会議が開催されました。
現年度予算にかかる議案とがれき処理にかかる意見書が可決されました。

その後、第6回議会改革検討会議が開催されました。

テーマは、
1.議会報告会について
2.本会議における一問一答について
3.神奈川県における選挙区等に関する研究について

でした。

議会報告会については、特別委員会方式で来年度より開催する方向でまとまりました。
私は併せて、知事の行っている対話の広場のようにインターネット中継を行うことも検討できないか提案しました。委員の中に集客を不安視する声が多かったためです。こちらについては、同会議で検討していくことが確認されました。

次に、本会議における一問一答についてですが、色々手法について意見などがありましたが、実質的な一問一答の導入についてまとまりそうな感じです。

選挙区については、今後の手続きの方向性や期日について確認をしました。我が会派では定数削減の方向で会派内の検討を行っていますが、条例提案の前段としてどこで会派間の協議を行っていくのかが重要なことであったためです。最終的には議員定数等検討委員会に同会議の検討結果も含めて持っていくことで、定数に関する判断を行っていくことが確認されました。また、期日について共通の合意を得るには至りませんでした。しかし、特に定数削減の場合は、「選挙区変更の周知期間に十分な時間が必要」ということがよく言われますので、この部分共通認識なく物事を進めていくと、最終的には成果が今任期中に実現しない可能性もあるため指摘しました。

議会報告会や一問一答の導入に近づくなど、私たちの会派が公約していることのいくつかがまた実現しそうです。

非常によい協議ができたと思います。
posted by 菅原直敏 at 19:59 | 神奈川県議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

総務政策常任委員会

総務政策常任委員会最終日でした。

財政と職員給与の見直しについての質疑を行いました。

その後、採決を行い予算案に賛成をしました。

総務政策常任委員会は、8常任委員会の中でも最後に終わる事が慣例になっており、最後の商工労働常任委員会終了後8時より再開し、8時半過ぎに終了しました。
posted by 菅原直敏 at 21:00 | 神奈川県議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

予算委員会3日目

予算委員会3日目でした。

加藤正法委員、小林大介委員、安川有里委員が質疑に立ちました。

質問項目は以下です。

地方独立行政法人や県主導第三セクター等の自立的な運営について
かながわスマートエネルギー構想における創エネの取組について
三浦半島の活性化について
posted by 菅原直敏 at 20:20 | 神奈川県議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

予算委員会3日目

予算委員会3日目でした。

加藤正法委員と小林大介議員の2名が会派を代表して質疑に立ちました。

テーマは以下です。
産業集積とエネルギー関連ベンチャー支援について
監察医制度について
posted by 菅原直敏 at 20:20 | 神奈川県議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

フランスよりもフランスらしいカナダのケベック州m〜世界の多様な自治制度

20120312imagawa.jpg



予算委員会2日目でした。

本日は一般質疑です。

私達の会派からは、芳賀ようじ委員と安川有里委員が質疑に立ちました。質疑内容は以下です。

水源環境の保全・再生について
世界遺産登録を目指す「武家の古都・鎌倉」について

芳賀委員は先日に続いて2回目ですので、前回より少し余裕があるようでした。得意の環境保全分野で山と海との関係や山梨県と神奈川県の広域的取り組みの内容でした。

続いて、安川委員が初登壇しました。鎌倉の世界遺産に関する取り組みについて多角的に質疑を行いました。アナウンスのプロだけに、質疑の運び方はさすがでした。

@@@

委員会終了後、県庁近くの開港記念館で第4回地方政府の多様性を考える勉強会が開催されました。

外山公美日本大学教授と今川晃同志社大学教授より、カナダにおける地方政府の多様性とアメリカの住民総会について講演を頂きました。

今川教授は、議会を維持しながら住民自治の意識を喚起するために、住民総会を自治会レヴェルで制度化する事を提案されていました。かつて大和市で提案されていた市民自治区の発想に近いものがあります。

ちなみに、アメリカでは10年ごとに政府形態の見直しを行うようです。

20120312toyama.jpg

外山教授からは、カナダの地方自治の状況について興味深いお話をお伺いする事が出来ました。10州と2準州からなるカナダは州ごとに地方自治制度が異なります。

ケベック州では歴史的な経緯からフランス語が公用語ですが、フランスでもStopと表示するところを敢えてフランス語表記にする等、起源のフランスよりもフランスっぽいという興味深いお話をお伺いしました。確かに、私もモントリオールに訪れた時に、同じような印象を受けました。その時はフランスに行った事はなかったのですが、あたかもフランスにいるような感覚に捉われました。

フランスは議会中心主義である事が地方自治体の特徴であるそうです。

今日の勉強会も非常に有意義なものとなりました。
posted by 菅原直敏 at 20:20 | 神奈川県議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

予算委員会初日〜ITを理解しない人が県の情報最高責任者??

20120309yosan.jpg

予算委員会の初日でした。
今日は総括質疑と言って、知事も含めた幹部職員が答弁者として参加します。

私達の会派から登壇したのは、芳賀ようじ県議と私でした。

質問項目は以下です。

若年者の就業支援について
県におけるフェイスブック等のSNS及びipad等のタブレットPC等利活用の推進について
県財政の現状と徹底した県民周知による財政健全化について


芳賀議員(32)は若者らしい視点から、若年者の就業支援について総括的に質疑・提案をしました。

私は、特にICT関係の質疑に力点をおいて質疑を行いました。

導入で、日本版のSiriの可能性に言及し、調査を行ってきた佐賀県徳島県上勝町及び三重県玉城町の事例を紹介しました。

かなり時間をとり、結果的に後ろの質問がおしてしまいましたが、このような技術革新に関する取り組みは、議員や知事以下幹部職員の理解なくして進まない部分が大きいため、なぜ導入が必要なのか、そしてどのような成果がでるのかということを事例によってわかりやすく丁寧に説明することが、今回の質問だけではなく、あとあとつながっていくからです。

答弁者の席を見ていると、理解をしようとうなずいている職員から、なかなかとっつきにくそうな顔をしている職員まで様々でしたが、その技術を活用した成果に関しては誰にでも理解できるので、その意義については最低限ご理解頂けたのではないかと思います。

こういう理解促進は骨が折れる作業ですが、議会からも県民からもあるいは職員の若手からも様々な方面から必要性が喚起されることで重い腰というものはあがるものです。

知事のSNSに関する答弁を聞いていても、少し誤った理解をされている部分があるとの声を質問後他の委員からも頂きましたが、こういったことも積み重ねて解決をしていくしかありません。

早ければ年内に遅くとも数年すれば、スタンダードになっているそんな提案・質疑であると、時間が証明してくれるでしょう。

また、他の会派の質疑の中で、県の情報最高責任者が副知事であることにふれ、お世辞にもITに詳しくないような人間ですがというような答弁を知事が行い、会場の笑いを誘っていましたが、情報通信が社会に不可欠な社会インフラであることを考えると、責任者にこのような分野を解さない人がついているとすると、大きな問題であると考えます。

それほど、ITも含めた情報通信技術や装置は私達の生活に必要不可欠なものとなっているのです。

最後に、公務員給与と財政の関係についても質疑を行いました。

今日の質疑の中では、全ての会派だけではなく、知事自らが厳しい財政を連呼していましたが、後手後手の今こそ財政対策ではなく、先手先手の財政政策が求められます。職員給与の見直しも避けられないと考えます。
posted by 菅原直敏 at 20:20 | 神奈川県議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

ボケたもん勝ち??〜認知症サポーターの必要性〜社会問題総合対策特別委員会

社会問題総合対策特別委員会が開催されました。私は委員長として出席しました。

同僚の安川有里議員が会派を代表して、自殺対策等について質疑を行いました。
委員長として聞いていると、同僚の質疑が客観的に見れます。4回目の委員会ですが、着実に成長しているのがわかります。

ところで、他の会派の質疑の中で「ボケた方が得」的な発言がありました。認知症にかかったおばとそうでない父親を見て、認知症にならない場合は加齢による至らなさに悩む事が多いが、認知症になればそのことにすら気付かないので幸せであるという意味でした。

次に他の会派の議員が「認知症になったからといって、至らない事に気付かないことはないですよね」という旨の質問をして、当局が「認知症の人も悩む」旨の答弁をされていました。

実はこのやり取りは、認知症を考える上で非常に意義深いやり取りでした。前者の質疑において質問者は自分が認知症に対して体験として感じた事を述べたので、それなりに説得力がありそうなのですが、ここには大きな誤解がありました。そして、認知症サポーターでもある委員がその後、その過ちを正すための質疑を行いました。仮に後者の質疑がなければ、認知症に対して「ボケた方が得」的な考えを持った人が議員や職員の中にも出たかもしれません。認知症サポーターの意義が発揮された場面でした。ただ、決して前者の議員が悪い訳ではなく、不理解であっただけなのです。

この後、会派内でもみんなで認知症サポーターをとったらどうかという話題もあがりました。

認知症サポーターとは認知症について理解し、認知症の人や家族を見守る人のことです。90分間の養成講座を受ければ誰でもサポーターになることができます。
posted by 菅原直敏 at 20:26 | 神奈川県議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

今年3回目の名古屋^^

今日は朝一で予算質問の調整の打ち合わせがありました。

その後、総務常任委員会。我が会派からは城田学委員が金融関係の視点から県の財政について質しました。
さすがに細かい。

委員会終了後、再び打ち合わせを行い、東京で会合一件。

最後は終電で名古屋です。明日、三重県の玉城町に行くためです。

名古屋は月一で行っている感覚です。
posted by 菅原直敏 at 22:22 | 神奈川県議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

予算委員会質疑の調整

今日は予算委員会の質問の調整等を行っていました。

議員の半分は常任委員会でした。

段々と質問もまとまってきました。
posted by 菅原直敏 at 22:22 | 神奈川県議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

エネルギー政策提言書

20120301energy.jpg

委員会の前に、会派として知事にエネルギー政策の提言書を提出しました。

城田学リーダーを始め、エネルギー政策特別PTの皆さんお疲れまさでした。


その後、総務常任委員会でした。

私が改選前からずっと提案してきた中期財政計画(案)について、対症療法的な財政対策ではなく、将来を見通した財政政策の必要性について質疑を行いました。
posted by 菅原直敏 at 22:22 | 神奈川県議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

総務常任委員会初日〜財政見通しは厳しい

今日は総務常任委員会の初日でした。

私がずっと訴えてきた中期財政見通しの案もようやく提案されました。

内容を見る限り、神奈川県の財政見通しは非常に厳しいものとなっています。

にもかかわらず、今日は事後的「対策」の質疑に終始するのみで、如何にこのような状況を作り出さないようにするのかという「政策」の質疑はなされませんでした。

税と社会保障の一体改革や臨時財政対策債の不確実性など、対外的な要因があることは理解しますが、それらはわかっていることなわけですから、それらの要因も踏まえてどう財政を安定させるのかということが、知事等がこのんで用いる「知恵を絞る」ということなのだと思います。
posted by 菅原直敏 at 21:47 | 神奈川県議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

議会改革への取り組み

これは日本の議会の不思議なところなのですが、大切な議論を公の場ではなく水面下で行おうとする傾向があります。

基本的には特段の理由がない限り、全てのことは公の場所で議論すべきなのですが、多くの議員の意識がそういう状態であるため、そのような現状に対しても時には受け入れながら話し合いに望み、最大限県民にとってよい結果を引き出す努力をすることも、やむ得ないと考える時もあります。もちろん、そのような状況を改善するための提案をしながらですが。

私自身が訴え続けてきた議会改革の提案についても公・水面下問わずほとんど議論の俎上に載せています。

いずれにせよ、その内いくつかはその内成果としてご報告できるのではないかと思います。


今日は午前中から打ち合わせや会議等で比較的忙しい一日でした。
posted by 菅原直敏 at 20:20 | 神奈川県議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

日浦和明議員登壇

一般質問2日目でした。

我が会派からは日浦和明議員が以下のテーマで質疑を行いました。

自衛隊出身らしく、県と自衛隊の連携について質疑を行っていました。

また、彼の人柄か会場から暖かい声援も飛んでいました。

堂々たる質疑はよかったです。


1 自衛隊との連携について 知事
2 先進医療等による個人の医療費の高額化に関する課題認識について 保健福祉局長
3 少年の非行防止対策について 警察本部長
4 安心こども基金を活用した子育て支援施策について 知事
5 県施設における電力調達について 古尾谷副知事
6 いじめ問題への対応について 教育長
posted by 菅原直敏 at 22:22 | 神奈川県議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

土居昌司議員登壇

本日は一般質問初日でした。

我が会派からは土居昌司議員が以下のテーマで質疑を行いました。

彼が追いかけてきたテーマですので、自身を持って質疑を行っていました。

さすがです。

1 若年者の就業支援について
 (1) 若年者の雇用情勢に対する認識について
 (2) 雇用におけるマッチングの促進について 知事
2 高校生の今後のキャリア教育について 教育長
3 大人の発達障害について 知事
4 若者の防犯ボランティアについて 警察本部長
5 一級河川矢上川の河川整備について 県土整備局長
6 西湘海岸の侵食対策について 知事
posted by 菅原直敏 at 22:22 | 神奈川県議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

少し重症、、、

代表質問3日目です。

三会派が登壇しました。

私は午前中に病院に行き、登庁。

帯状疱疹と診断されました。

過労とストレスが原因とのことです。

しばらく、仕事と休息のバランスを意識した生活をすることになりました。

休めというお達しですので、これはこれで前向きに捉えていきます。
posted by 菅原直敏 at 20:20 | 神奈川県議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

テレビ出演2連続

20120217hinode.jpg


今日は岩本一夫団長の代表質問がありました。
団長の得意とする環境分野を中心に知事の姿勢を質しました。

20120217mediakanagawa.jpg


議会終了後は、横浜ベイクォーターにて第1回神奈川ソーシャルメディアミーティングに参加しました。「共創社会」とテーマにプレゼンを行いました。


その後22時からは、日の出テレビに出演しました。
山下正人横浜市議をキャスターに、私と久坂誠治議員がゲスト出演をしました。

テーマは議員の情報発信についてでした。

マスメディアを通さずに、映像発信。

本当に時代は変わりましたね。

posted by 菅原直敏 at 23:23 | 神奈川県議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

代表質問初日

代表質問初日でした。

自民党と民主党の会派の代表者が質疑に立ちました。

明日が私の会派の代表質問です。

岩本一夫団長が質疑に立ちます。

posted by 菅原直敏 at 19:21 | 神奈川県議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

川田龍平参議院議員と意見交換

20120215kawada.jpg


午前中から議案説明会でした。

夕刻には参議院会館にて川田龍平参議院議員と民主主義におけるSNSの活用について意見交換をしました。
非常に高い意識を持っていらっしゃるようで大変心強く思いました。国政の現場においても、もう少しこの分野に意識の高い議員が増えてくれると、日本の民主主義のあり方も変わって行くと思います。
posted by 菅原直敏 at 20:20 | 神奈川県議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

早起きは三文の徳??

20120214tokutoku.jpg


甲府市議会議員の神山げんたさんが主催する早起き三文得々会に参加してきました。
朝一で集まって、発表者を囲んで参加者が話を聞く会です。

今回の講師は大木たかゆきさんです。甲府でカフェをやりながらワインツーリズム等に力を入れている方です。

地方の活性化について非常に素晴らしいお話をお伺いすることができました。

@@@

甲府から神奈川県議会に向かいました。本会議初日です。

いよいよ議会が始まりました。
posted by 菅原直敏 at 20:20 | 神奈川県議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。