2016年05月09日

介護・福祉の施設・活動を巡る旅28件目〜求職者支援制度をご存知ですか?〜てらすケアカレッジ大和

20160509terras.jpg

大和市中央にあるてらすケアカレッジ大和を訪問。介護における就労支援の取り組みについて代表の田中信彦さんからお伺いしました。

ケアカレッジ大和では、求職者支援制度を活用した人材育成などを事業として行っています。

特徴としては2つ。

@完全通学制の「実務者研修」のカリキュラムを提供していること

A将来を見据えたキャリアコンサルティングを徹底していること


1.最も重要なことは教育である

田中さんのご説明の中で、何度も強調されていたことは「介護における教育の重要性」でした。

同感です。

介護の現場は常に人手不足。「猫の手も借りたい」よろしく、玉石混在の人材が日々介護現場に送り込まれています。「介護職でも」「介護職しか」といったいわゆる「でもしか介護職」が少ないのも現状。

でも、きっかけが「でもしか」であってもよいではないか、介護に興味を持ってもらえるだけ。但し、「でもしか介護職」であってもしっかりとした技術と知識を持って現場に送り込むための「教育」だけは譲れない。

そのため、てらすケアカレッジでは、通信教育を混在させる実務者研修が多い昨今、全て通学の実務者研修を半年間かけてみっちり行っています。

私が見学した授業は、マナーや話し方の講座。介護技術だけではなく、社会人としての当然のマナーも身につけさせて、介護現場に送り込む。まさにキャリアを意識した教育がそこでは行われていました。

2.求職者支援制度の認知度

「求職者支援制度」、名前だけは私も聞いたことはありましたが、その内容についてはいまいち理解をしていませんでした。この点について、田中さんより基本的なことから教わりました。

厚生労働省の説明によると、求職者支援制度とは以下の内容です。

・求職者支援制度とは、雇用保険を受給できない求職者の方(※1)に対し、
(1)無料の職業訓練(求職者支援訓練)を実施し、
(2)本人収入、世帯収入及び資産要件等、一定の支給要件を満たす場合は、職業訓練の受講を容易にするための給付金を支給するとともに、
(3)ハローワークが中心となってきめ細やかな就職支援を実施することにより、安定した「就職」を実現するための制度です。
(※1 雇用保険の適用がなかった方、加入期間が足りず雇用保険の給付を受けられなかった方、雇用保険の受給が終了した方、学卒未就職者や自営廃業者の方 等)

出典: http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyushokusha_shien/

ざっくり言うと、失業をして雇用保険の期間内に就業できなかった人に対するセーフティネットがなかったため、新たに創設された制度です。リーマンショック後のお話です。

説明をお伺いすると、内容は悪くないが、この制度を知っている人が多くないという現状と課題が浮かび上がってきました。

そもそも、ハローワークが窓口というのが敷居が高いと感じます。自分も経験しましたが、失業してハローワークに行くことは、結構勇気がいるものです。多様な窓口があってもよいのではないでしょうか。

ここら辺は、周知と運用の問題、やりようはあると思います。



3.相次いで撤退する就業支援機関

7月に神奈川県内で介護分野で求職者支援に名乗りを上げているのはてらすケアカレッジだけだそうです。

介護人材の需要は高いけれど、申し込む人は減っている。最近は景気も多少良くなり、ますます介護業界を目指す人が少なくなっているそうです。

その結果、閉鎖をする教育訓練期間も後を絶たないとのこと。しかし、てらすケアカレッジは攻めの姿勢です。有償の介護教育機関「湘南国際アカデミー」との連携も大和・相模大野で行っています。

授業の最後に、生徒の皆さんの前で私も少しお話をさせて頂く機会を、僭越ながら頂きましたが、私の事業所に来て頂きたいような方もいらっしゃいました。

事業所は未経験の「でもしか介護職員」ではなく、しっかりと教育を受けた人材を欲しています。

ここら辺がよりよくマッチングしていくと良いと思います。



今日は、田中代表の教育にかける熱意とさらなる挑戦のお話をお伺いできて大変興味深かったです。また、介護における就労支援の取り組みを概観できたことは非常にプラスでした。

てらすケアカレッジは今後さらなる発展を遂げるとのことです。その内、代表からも案内があると思いますが、大和市にある就労支援機関として期待大です。

千里の道も一歩から

大 和市内訪問施設・活動:12件
神奈川県内訪問施設・活動:9件
神奈川県外訪問施設・活動:7件


てらすケアカレッジのHP http://www.terrace-care.jp
posted by 菅原直敏 at 17:00 | 介護・福祉の施設・活動を巡る旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする