2012年08月13日

何故、今アジアなのか??

20120813shimizusensei.jpg


アジアにおける経済及び公共政策の専門家である清水武彦先生を講師にお迎えし、アジアについての勉強会を開催しました。清水さんは神奈川県内の自治体の職員を経験し、青年海外協力隊でケニアに2年間赴任し、シンガポールのリーククァンユー公共政策大学院を卒業された方です。

今回のテーマは「何故、今アジアなのか?」です。

ここでいうアジアとは特に新興国をさします。

アジアに力点を置く理由は以下です。

@アジアの成長力
⇒人口構造、人口ボーナス

A日本の近隣国であるという事
⇒親日の国が多い

Bアジアの多様性
⇒例えば、イスラム教は中東との架け橋

様々な意見交換を行い大変勉強になると同時、神奈川県の海外戦略に対する様々なご指摘・ご助言を頂きました。

@@@
20120813sagamiotsuka.jpg


早朝議会報告は相模大塚駅でした。

佐藤正紀大和市議、山本光宏大和市議とボランティアの方とともに合同報告を行いました。
posted by 菅原直敏 at 13:11 | 調査活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。