2012年01月29日

大和カエルゴレンジャー+1〜第175回スクエア

20120129square175.jpg


第175回スクエアを開催しました。

赤嶺太一議員、佐藤正紀議員、町田れいじ議員、山本光宏議員との合同開催でした。また、途中からは井上貢議員も参加頂きました。

内容は以下の動画をご覧ください。



午後は藤沢に向かい、「藤沢宿の地域資源を活かした回遊づくり」(主催:旧東海道藤沢宿まちそだて隊)に参加してきました。

今月東海道を自転車で走破したことと、元々関心のあった街づくりという取り組みが合わさったシンポジウムでした。

パネリストは以下の方々でした。
杉本洋文 東海大学企画系研究室 教授
小沢朝江 東海大学建築士研究室 教授
内藤英治 パサージュ都市研究所 代表
高野文夫 藤沢地区地域経営会議 推進部会 部会長

内容は非常に中身が濃く、参加者の皆さんの熱意も伝わるものでした。

日本国内の街づくりの事例等も紹介され、私自身も現地に赴きたいと思う場所もありました。

市外からの参加者は私含め数名で、東海道という視点での藤沢宿の対応についての提案をさせて頂きました。具体的には、東海道を歩き、自転車に乗り、旅をする人は意外と多いのですが、藤沢宿の素晴らしい内容が伝わらない現状があると、53次を回って感じました。パンフレットを気軽に手に入れたり、案内板を設置する等の取り組みがあってもよいのではないかと御話ししました。



夜は「未来は僕らの手の中プロジェクト」の会合に参加してきました。藤沢市亀井野にあるへっころ谷というほうとううどんのお店で、若い世代が藤沢市長選挙に関心を持ってもらう取り組みについて話し合いました。非常に有意義な会でした。
posted by 菅原直敏 at 22:22 | スクエア・報告会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする