2016年05月25日

政務活動費は第2の給与ではなく公金(交付金)です。

FullSizeRender.jpg


本日、平成27年度の政務活動費について残額の返金手続きをしました。一昨年の元兵庫県議会議員の号泣会見や、いくつかの地方議会における政務活動費不正支出の報道等により、再び政務活動費について疑惑の目が向けられるようになりましたので、何点か私の考えをお伝えします。

1.政務活動費は「第2の給与」ではない

政務活動費は「第2の給与」といった表現がされることがあります。しかし、政務活動費は交付金ですので、第2の給与ではありません。残額は返還します。

以前、何かの雑誌で議員の収入として「報酬と政務活動費の総額」を示しているものを見かけたことがありますが、筆者が制度を理解していないか、そうでなければ世論を誤導させる意図的な記事です。

もちろん、政務活動費を「第2の給与」と勘違いしているような使い方をしてきた議員は過去にいたかもしれませんが、それはその議員の問題であり、事実が判明すれば犯罪に問われます。当然、第2の給与ならば犯罪に問われません。

政務活動費の是非を議論することは大いにするべきだと思いますが、その議論の前提となる部分を誤導するような報道は避けるべきです。

なお、議員報酬削減の議論の際に、報酬ではなく政務活動費を下げるべきと主張する議員がたまにいます。政務活動費が返還をしなければならない交付金であることを考えると、報酬削減の論点をすり替えた主張であると私は考えています。

2.残額が多いから偉いわけではない

政務活動費の交付額が公開されると、メディアの中には「残額のあるなし」についての報道をするものもあります。おそらく、「残額がない→使い切った」という点について興味を寄せる読者がいると想定しているからでしょう。

「使い切った」という表現が消極的表現であることは論を待ちませんが、そのレッテルを貼られることを恐れて、敢えて残額を残す議員がいます。あるいは残額の多さを誇る議員も少なからずいます。

しかし、大切なことは「残額があるかないか→使い切った否か」という点ではなく、その活動費を用いてどのような議会活動を展開したかに焦点をあてることではないでしょうか。残額が多く残っても議会活動での成果が上がらなければ使い方としては改善の余地があるでしょうし、その逆もしかりです。

最近、欧州の視察に2週間ほど行った議員が100ページ以上の素晴らしい視察報告書をWEBにアップしていました。これほど中身のある視察であれば有益でしょうし、報告書を通じて市民や全国の議員にも知見が共有されるので極めて成果的だと私は感じました。

以前、県内の基礎自治体の議員で4年間政務活動費を1円も使わないことを熱心に訴えている方がいました。政務活動費を1円も使わないことは個々の議員の考えなので良いとは思いますが、そのことで他の議員に対して優越感を持ったり有権者に誇ることは少し違うと思います。なお、その方は昨年の統一地方選挙で惨敗をして落選をされていました。活動費を用いてしっかりとした議会活動を展開されていれば結果は違ったかもしれません。

3.神奈川県議会

神奈川県議会では以前オンブズマンに訴えられ、億単位の返還を全体でしなければならないという残念な経緯がありました。しかし、そのことがきっかけになり、政務活動費の運用の適正化を求める熱心な議員たちの活動もあり、かなり適正な運用がなされるようになりました。あの裁判がなければ、少し前の兵庫県議会のようないい加減な運用が続き、もっと大きな問題となっていたかもしれません。

自己確認だけでなく、事務局のチェックを何度も受けて、不適切な支出がないかなどを確認してから議長に最終報告します。私の所属会派ではさらに税理士による外部監査も行いました。また、情報公開によって県民誰もがその内容を閲覧可能です。

従って、事務処理によるケアレスミスはあるかもしれませんが、悪意のある不適切な支出は基本的に存在しないと思います。

最後に、私自身市議会議員から県議会議員になったときに最も怖かったことの一つは多額の政務活動費(当時は政務調査費)をしっかりと処理できるかという点でした。大和市議会の政務活動費は年間42万円に対し、神奈川県議会は636万円です。

私は毎年年度始めに年間活動計画と政務活動費の予算書を作り(ラフな形では4年間の活動計画と予算もあります)、その下に運用しています。今年は50,280円の残額が残りましたが、残額が残らない年ももちろんあります。

私の政務活動費への評価は、私の議会での活動を通じて頂くのみです。

千里の道も一歩から
posted by 菅原直敏 at 21:55 | 神奈川県議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バリアフリーとは?

IMG_1930.JPG


初めての厚生常任委員会が開催されました。

他会派のベテラン委員から、改修中の新庁舎の階段がバリアフリーではないとの指摘がありました。

その階段の写真は以下の通り。人の感じ方は様々だと改めて感じます。はっとさせられました。

ところで、委員会に先立って本庁舎正面玄関前のスペースで、歩行車をひいた老人に保安員の方が付き添って出口にご案内をされていました。

3月の予算委員会にて、ハードだけでなく、人の心のバリアフリーの提案をしましたが、まさに私が求めていた対応です。

質問以前からあった対応かもしれませんが、良い場面に遭遇しました。

千里の道も一歩から
posted by 菅原直敏 at 12:09 | 神奈川県議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

厚生常任委員と神奈川県環境審議会委員

FullSizeRender.jpg


本日も本会議が開催されました。

監査や副知事の選任の他、常任委員などの所属も決まりました。

私は厚生常任委員会に所属することになりました。8年目の県議生活で初めて所属しましたが、福祉、医療を扱う同委員会は、今の私には最も自らの知見を発揮できる委員会です。

また、本日付で神奈川県環境審議会委員を委嘱されました。環境についてもこれを機に知見を深めていきたいと思います。

千里の道も一歩から
posted by 菅原直敏 at 14:29 | 神奈川県議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

正副議長の任期

IMG_1776.JPG
議長、副議長の辞職を受け、新しい正副議長を選任しました。

最近の議会運営委員会において、正副議長を毎年選んでいる事実を「慣例的」と表現した委員が他会派の委員から指摘を受けていました。

慣例とは、「繰り返し行われて習慣のようになった事柄」と辞書的には定義されているので、毎年正副議長を選任している事実を慣例的と考える県民がいても仕方がないと思います。

なお、私は市議県議を通じて、議長は複数年務めるべき(基本は法定の4年)との考え方を持っており、その旨の議会改革の提案をしています。

大和市議会では現在議長を2年間務める運用に変わったようです。

千里の道も一歩から

写真:控え室の私のカエルカレンダー
posted by 菅原直敏 at 17:30 | 神奈川県議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

手話勉強会

IMG_1755.JPG
本会議終了後、手話の勉強会を県議会で行いました。

今回は手話のやり方を学ぶのではなく、その歴史や社会的意義について学びました。

医療的モデルと社会的モデルの考えなどにも触れられており、手話の分野を超えて、福祉という視点からもよい内容でした。

議員が揃ってこの内容を学んだ意義は大きいです。1つの議論前提を共有できたからです。

千里の道も一歩から
posted by 菅原直敏 at 17:40 | 神奈川県議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

介護・福祉の施設・活動を巡る旅31件目〜フレンチレストラン〜レストラン アンシェーヌ藍(社会福祉法人藍)

20160513ai.jpg
敷田博昭神奈川県議会議員のご紹介で、三軒茶屋にある「レストラン アンシェーヌ藍」で食事を楽しんできました。調理長に東京會舘出身のシェフを迎え、素敵なフレンチを提供するレストランです。三茶ではちょっと知られたお店で、安倍首相もご利用されたこともあるそうです。

多少ユニークな点は就労継続支援事業B型施設であること。障害者の方々が、接客、調理補助、開店準備、清掃などの仕事を行っています。

1.フレンチ
20160513ai2.jpg
就労継続支援事業B型施設は様々な業態がありますが、フレンチという切り口も新鮮でした。好きなワインと合わせてコース料理を頂きましたが、素敵なマリアージュでした。

基本的にはランチのみの営業ですが、事前予約すれば夜を貸切でご利用できます。今回は夜の時間帯を貸切、グループで食事にきました。

2.藍染

20160513ai4.jpg

母体である社会福祉法人藍の原点は、1983年に代表の竹内睦子(自身も障害者)さんが徳島県で藍染の修行し、藍工房を設立したことに始まります。その後、国内だけでなく国外でも藍工房展を開催し、工房作成の藍染製品の評価を高めていきました。

1988年には「藍工房アメリカ」をワシントン州バンクーバーに設置し、障害者の方々にアメリカでの生活を経験できるようにするなど、挑戦的な取り組みも行ってきました。

レストランには藍染の製品が販売されていました。私は素敵な藍染のストールを購入しました。個人的には藍染のロングストールが欲しいです。

3.できないことは何かを知る意義

レストランのマネージャーの經塚章寛さんは「障害者のみなさんができないことを知れば、何ができるかがわかります。そのできない部分だけをサポートするのが私たちの役目です」という旨のことを笑顔で話されました。当たり前のことかもしれませんが、ともすると必要以上に障害者の方々に過保護的に対応したり、役割を奪ってしまっていることもあるのではないかと考えさせられました。

メインシェフになり得る人はまだいませんが、補助的にかかわりこれだけ素敵なフレンチを提供できるわけですから、可能性は無限です。

20160513ai3.jpg

經塚さんは元々他の法人の特別養護老人ホームで介護に関わった経歴を持つ介護の専門職の方です。藍の理念に共感して現在はマネージャー職に就かれたそうです。フレンチレストランのマネージャーですからスーツとネクタイでキッチリ決まっています。「ネクタイをつけたくないから福祉の現場に出たのに、福祉でネクタイをつける現場に出るとは思わなかった。」と冗談めかしく笑っていました。

田園都市線「三軒茶屋駅」南口B出口から徒歩1分強の駅至近の立地です。みなさんもよろしかったら素敵なフレンチを楽しんでください。

対応頂いた、大野さん、經塚さん始めスタッフの皆さん、ありがとうございました!

Stay hungry, Stay foolish!!

大 和市内訪問施設・活動:12件
神奈川県内訪問施設・活動:10件
神奈川県外訪問施設・活動:9件
レンストラン アンシェーヌ藍のホームページ
http://www.ancienne-ai.aikobo.or.jp
posted by 菅原直敏 at 22:00 | 介護・福祉の施設・活動を巡る旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

介護・福祉の施設・活動を巡る旅30件目〜障害児の未来のキャリアデザイン〜遊びリパーク リノア



湘南、辻堂西海岸にある辻堂団地(UR)の一角にある「遊びリパーク リノア(NPO法人ラウレア)」を見学してきました。

リノアは肢体不自由児(小学生〜高校生)を対象とした放課後等デイサービスを主な事業としています。

理事長の横川さんらが、設立前から地域のニーズをくみ取りながら作り上げたという点では、地域共存型デイサービスと言えるかもしれません。実際、地域の方々が参加できるズンバ教室等も開催しています。

放課後等デイサービスは初めての見学でしたが、制度が抱えるメリット・デメリットも含めて色々勉強させて頂きました。

20160510linoa.jpg

1.とにかく広い

20160510linoa2.jpg

URから借用しているテナントスペースはとにかく広い。平米数は確認しませんでしたが、イメージとしてはちょっとしたドラッグストアや小規模なスーパーくらいの広さです。

この広いスペースを縦横無尽に子供達が駆け回れます。しかも定員は10名。トランポリンや滑り台などの巨大遊具やスパイダーという立位が困難な子供が使う面白い遊具もスペースを気にせず贅沢に配置されています。

おそらく国内でも有数の広さの放課後等デイサービスではないかと思われます。

2.専門職配置へのこだわり

放課後等デイサービスと一口に言っても様々な形態があるそうです。家族のレスパイトを目的とするもの、塾のような勉強中心のもの、子供の遊び場を提供するもの。また、近年では民間のフランチャイズの事業者の参入も増えており、中には「介護業界未経験でも問題無し!」大々的にアピールするフランチャイズ本部もあります。

確かに、施設を稼働させ、収益をあげるという点にのみフォーカスするのであれば、未経験の集団のみでもデイサービスを稼働させていくこともできるかもしれませんし、人件費も抑制でき収益率も上がると思います。

しかし、このような大きな潮流がある一方で、リノアは専門職の配置に拘っています。私が訪れた日にも、作業療法士、看護師等の専門職の方がおりました。県内でもOTと看護師といった専門職を配置しているデイは珍しいそうです。

専門職を配置すれば人件費もあがるけれど、敢えてそうするのはリノアの目的である「遊ぶ力を伸ばし、学ぶ力を身につけ、生きる力を育んでいくこと」を実践するためです。

こういう拘りは私は好きですし、こういう拘りのある事業者があることで、フランチャイズとの差別化もはかれ、利用する児童の選択肢も広がり相乗効果になると思います。

3.子供達の未来のキャリアデザイン

利用している中学生の女の子が、別の小学生の男の子のよだれを拭いている風景がありました。その子は将来看護師さんになりたいそうです。

一方で、現実はそんなに簡単ではありません。18歳を過ぎて彼らの大半が選べる選択肢はほとんどないのが現状です。

しかし、作業療法士の大郷さんは「子供たちがもっと多様な将来を進んでいけるような取り組みもしていきたい」旨のお話をされてました。障害児の未来のキャリアデザインです。また、「子供たちに社会性を身につけさせたい」と言っていたのも印象的でした。

20160510linoa3.jpg


今後は広大なスペースを活用して、放課後等デイサービス以外のサービスや活動を展開していくことも検討されているそうです。
湘南地域での壮大な挑戦。期待しています。

横川さん、大郷さんそして対応して頂いた職員のみなさん、ありがとうございました!

千里の道も一歩から

大 和市内訪問施設・活動:12件
神奈川県内訪問施設・活動:10件
神奈川県外訪問施設・活動:8件
posted by 菅原直敏 at 18:00 | 介護・福祉の施設・活動を巡る旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

介護・福祉の施設・活動を巡る旅28件目〜求職者支援制度をご存知ですか?〜てらすケアカレッジ大和

20160509terras.jpg

大和市中央にあるてらすケアカレッジ大和を訪問。介護における就労支援の取り組みについて代表の田中信彦さんからお伺いしました。

ケアカレッジ大和では、求職者支援制度を活用した人材育成などを事業として行っています。

特徴としては2つ。

@完全通学制の「実務者研修」のカリキュラムを提供していること

A将来を見据えたキャリアコンサルティングを徹底していること


1.最も重要なことは教育である

田中さんのご説明の中で、何度も強調されていたことは「介護における教育の重要性」でした。

同感です。

介護の現場は常に人手不足。「猫の手も借りたい」よろしく、玉石混在の人材が日々介護現場に送り込まれています。「介護職でも」「介護職しか」といったいわゆる「でもしか介護職」が少ないのも現状。

でも、きっかけが「でもしか」であってもよいではないか、介護に興味を持ってもらえるだけ。但し、「でもしか介護職」であってもしっかりとした技術と知識を持って現場に送り込むための「教育」だけは譲れない。

そのため、てらすケアカレッジでは、通信教育を混在させる実務者研修が多い昨今、全て通学の実務者研修を半年間かけてみっちり行っています。

私が見学した授業は、マナーや話し方の講座。介護技術だけではなく、社会人としての当然のマナーも身につけさせて、介護現場に送り込む。まさにキャリアを意識した教育がそこでは行われていました。

2.求職者支援制度の認知度

「求職者支援制度」、名前だけは私も聞いたことはありましたが、その内容についてはいまいち理解をしていませんでした。この点について、田中さんより基本的なことから教わりました。

厚生労働省の説明によると、求職者支援制度とは以下の内容です。

・求職者支援制度とは、雇用保険を受給できない求職者の方(※1)に対し、
(1)無料の職業訓練(求職者支援訓練)を実施し、
(2)本人収入、世帯収入及び資産要件等、一定の支給要件を満たす場合は、職業訓練の受講を容易にするための給付金を支給するとともに、
(3)ハローワークが中心となってきめ細やかな就職支援を実施することにより、安定した「就職」を実現するための制度です。
(※1 雇用保険の適用がなかった方、加入期間が足りず雇用保険の給付を受けられなかった方、雇用保険の受給が終了した方、学卒未就職者や自営廃業者の方 等)

出典: http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyushokusha_shien/

ざっくり言うと、失業をして雇用保険の期間内に就業できなかった人に対するセーフティネットがなかったため、新たに創設された制度です。リーマンショック後のお話です。

説明をお伺いすると、内容は悪くないが、この制度を知っている人が多くないという現状と課題が浮かび上がってきました。

そもそも、ハローワークが窓口というのが敷居が高いと感じます。自分も経験しましたが、失業してハローワークに行くことは、結構勇気がいるものです。多様な窓口があってもよいのではないでしょうか。

ここら辺は、周知と運用の問題、やりようはあると思います。



3.相次いで撤退する就業支援機関

7月に神奈川県内で介護分野で求職者支援に名乗りを上げているのはてらすケアカレッジだけだそうです。

介護人材の需要は高いけれど、申し込む人は減っている。最近は景気も多少良くなり、ますます介護業界を目指す人が少なくなっているそうです。

その結果、閉鎖をする教育訓練期間も後を絶たないとのこと。しかし、てらすケアカレッジは攻めの姿勢です。有償の介護教育機関「湘南国際アカデミー」との連携も大和・相模大野で行っています。

授業の最後に、生徒の皆さんの前で私も少しお話をさせて頂く機会を、僭越ながら頂きましたが、私の事業所に来て頂きたいような方もいらっしゃいました。

事業所は未経験の「でもしか介護職員」ではなく、しっかりと教育を受けた人材を欲しています。

ここら辺がよりよくマッチングしていくと良いと思います。



今日は、田中代表の教育にかける熱意とさらなる挑戦のお話をお伺いできて大変興味深かったです。また、介護における就労支援の取り組みを概観できたことは非常にプラスでした。

てらすケアカレッジは今後さらなる発展を遂げるとのことです。その内、代表からも案内があると思いますが、大和市にある就労支援機関として期待大です。

千里の道も一歩から

大 和市内訪問施設・活動:12件
神奈川県内訪問施設・活動:9件
神奈川県外訪問施設・活動:7件


てらすケアカレッジのHP http://www.terrace-care.jp
posted by 菅原直敏 at 17:00 | 介護・福祉の施設・活動を巡る旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護・福祉の施設・活動を巡る旅27件目〜障害におけるニュームーブメント〜福祉創造スクウェア・すぷら(県央福祉会)

20160509spra.jpg

本日、県央福祉会が設置した「福祉創造スクウェア・すぷら」という障害者の多機能型事業所の開所式にお招き頂き、館内を視察しました。

以下、パンフレットからの引用です。

ここは、心地よい刺激を与えるさまざまな体験ができる場所。
そこで生まれる小さな芽吹きを、多くの人々と喜び合いたい。
地域とつながる新たな枝を一生懸命伸ばしていきます。
※「すぷら」という名前は「sprout:芽吹き」からつけられました。


名前の由来も興味深いですが、畑に囲まれた田園風景の広がる大和市上和田に、生活介護、就労継続支援B型及び短期入所の障害者施設が誕生するとになりました。

20160509sora2.jpg

1.地域に開かれた場に

館内を視察すると、非常に開放的で素敵な造りになっています。設計当初から、地域の人たちも利用することを想定しており、閉鎖的な施設からの脱却という設置者の強い意志が感じられました。

障害者が利用する施設は、閉鎖的なものが少なくありません。地域開放という前提に立っていることは非常に大切であると感じます。

2.遊び心が多彩な活動空間

パンフレットには、「自主製品の開発や創作活動(絵画・陶芸・ステンドグラス・木工・音楽・ムーブメント活動・コンピューターグラフィック・アートフラワー・等の制作)や発表会、スブーズレン(Snoezelen)を導入し、感覚刺激空間での最適な余暇やリラクゼーションの時間を提供し、プロセスを大切にした支援を行います。」とあります。

とにかく盛りだくさん。多目的ルームの裏にはボディペイントを前提としたシャワールームがあったりと、遊び心が満載です。

3.高収入を得られるお仕事を

20160509spra3.jpg

すぷらでは、就労支援も重要な柱。1・2階に4部屋ある作業室には大量のパソコンが配備されています。ちょっとしたIT企業のようです。

県央福祉会では障害福祉におけるICTの活用について熱心に取り組んできており、コンピュータを用いた就労支援についても実績があります。
本日も作業室に利用者様がいましたが、パソコンをなんなく使いこなしていました。ホームページの作成なども行っていくそうです。

障害者が高収入を得られるような付加価値のある仕事をー興味深い挑戦です。



総工費5億円以上をかけた施設は確かに立派。100以上の様々な形態の事業所を抱える県央福祉会の事業展開は現在の社会福祉法人としては「異例」ですが、県社協の来賓が述べていたように社会福祉法人の「本来あるべき姿」。

本日より開所なので、実績からの判断はできませんが、まさにお手並み拝見。期待をして見守っていきたいと思います。

千里の道も一歩から

大 和市内訪問施設・活動:11件
神奈川県内訪問施設・活動:9件
神奈川県外訪問施設・活動:7件
posted by 菅原直敏 at 14:00 | 介護・福祉の施設・活動を巡る旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

障害を当たり前に捉えられる世の中へ

大和市身体障害者福祉協会の定例総会に出席。

ご挨拶の中で、障害を当たり前に捉えられる世の中をとのお話しをいたしました。

いわゆる障害者差別解消法が4月より施行されましたが、大切なことは「合利的配慮」を「義務」で行うのではなく「自発」で行える人たちを増やしていくことであると考えています。

@@@

第227回県政スクエアを開催。

虐待防止という観点からアンガーマネジメントの講座を行いました。

千里の道も一歩から
posted by 菅原直敏 at 20:00 | 活動報告など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

介護・福祉の施設・活動を巡る旅26件目〜都心のど真ん中の特養〜千代田区立一番町特別養護老人ホーム(社会福祉法人東京栄和会)



今日は都心のど真ん中、千代田区にあるいきいきプラザ一番町を訪問し、千代田区立一番町特別養護老人ホーム(社会福祉法人東京栄和会)や「いきいきはあとカフェ」の取り組みを視察しました。

なお、同特養は東京23区において、最後まで特養が作られなかった千代田区において初めてできた特養です。千代田区内には3つの特養があります。

また、いきいきプラザ一番町は特養、デイサービス、高齢者住宅、居宅支援事業所といった高齢者施設だけでなくプール、交流スペースも入る複合施設です。国鉄総裁の公邸跡地に建てられたそうです。

20160506ikiiki2.jpg

1.いきいきはあとカフェ



いきいきはあとカフェは、今年から千代田区社会福祉協議会主催で開催されている認知症(予防)カフェです。場所はいきいきプラザ一番町1階フロアです。

今回で3回目の開催となりますが、月2回金曜日の13〜15時に開催されています。内容としては、講師による講座があり、そのあとに参加者同士の交流があります。

今回は東京都健康長寿医療センター研究所の杉山美香先生による認知症の講座がありました。

参加者については初回は告知に力を入れたこともあり40名程度でしたが、ここ数回は20人前後だそうです。今回も20名でした。参加者のほとんどが高齢者の方でした。

運営費用は区からの補助金です。

終了後、講師や主催者の方々との反省会にも参加させて頂きました。ボランティアの方々の関わりが課題であると感じました。


2.特別養護老人ホーム

20160506ikiiki3.jpg

ここは千代田区立の特養ですが、指定管理者として社会福祉法人東京栄和会が運営しています。

22年前の設置ということで、多床室が中心の古いタイプの特養とのことでした。個室がよいか多床室が良いかは片方に定まることではないですが、デイサービスも通常のもの(35名定員)と認知症型(12名定員)が併設されており、オーソドックスな形でした。

レトロな理容スペースがあったり、歯科診療室が設置されている点は興味深かったです。

3.職員募集〜都心ならではの課題

介護施設のメリットは、職の地産地消が行われることで地域経済に多少なりとも寄与することです。

しかし、千代田区一番町という土地柄、働いている職員のほとんどは千代田区外からの通勤者です。

千代田区にあるからといって、特別な待遇があるわけでもなく、職員の確保にはご苦労されているとのことでした。

近隣には億ションが立ち並ぶ地域、私の住む大和のような郊外地域にはない課題があることを学びました。


対応してくださった、飛田課長始め職員の皆様、ありがとうございました!

千里の道も一歩から

大 和市内訪問施設・活動:10件
神奈川県内訪問施設・活動:9件
神奈川県外訪問施設・活動:7件

いきいきプラザ一番町のHP http://www.ikiikiplaza-eiwa.jp
posted by 菅原直敏 at 23:44 | 介護・福祉の施設・活動を巡る旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。